齋藤健一の話 学問編

齋藤健一の私塾

理論方程式の係数表示

 こんにちは。ノーベル数学賞を受賞した天才数学者の齋藤健一です。

 

 今まで、ノーベル数学賞以外にも、フィールズ賞を五回連続で受賞しています。

 

 さて、まずは今回は、理論方程式の係数表示という、数学者を目指す諸君には基礎中の木曽義仲の知識を授けたいと思います。

 

 理論方程式とは何か?

 

 そもそも、数学は理論で構築された、云わば完璧なる旋律です。数学における答えはたった一つ、それ以外には何もありません。

 

 そのたった一つの解答に辿り着くには、論理的思考が不可欠です。その場合、全く新しい論理的な思考が必須項目となっています。

 

 では、係数表示というものについて説明しましょう。

 

 係数表示とは?

 

 雨の日に、雨粒が沢山落ちてきます。これを全て数える手段はあるのか?と考えた時、その方法を錯綜するケースがある。これが所謂、係数表示の互換性というものです。

 

 互換性というのは、云わば、キャノンのプリンターのインクをブラザーのプリンターでは使用不可能なように、互いの互換性が無ければ意思の疎通が図れないということ。それを紐解く鍵は、街の鍵屋さんにあると言われているが、料金は流石に7000円(税抜き)はするとのこと。

 

 さて、雨粒の話に戻すが、1立方センチメートル四方に一時間以内に落ちる雨粒を計測する方法は三通りある。それをご存知かな?

 

 

 雨粒を計測する方法①

 

 海苔を敷き、その海苔の湿り具合で計測する方法がある。これなら、手間があまり掛からずに、理論的に係数表示を導き出すことが可能となる。

 

 雨粒を計測する方法②

 

 瞬間的に視線を移動させ、常時一つ一つの雨滴の落下速度を導き出し、論理的に一つずつ数え続ける方法。これだと、割とアバウトになりがちであるが、およその狂言的な計測値は導き出せるので、数学的には推奨されている手法となる。

 

 雨粒を計測する方法③

 

 雲の中に入り、落ちる雨粒を数える。これだと、通常は下から落ちて来る雨滴を一つずつ数えるという気の遠くなる時間と労力と体力がかかる。それでは、全ての人は実行不可能だ。

 

 その点、この雨雲の中に入り込む方法ならば、老若男女誰でも気軽にすることが可能だ。とにかく、雨雲の中に背中に貼り付けたドローンで入り込み、一つ一つ落下していく雨粒を計測する。これだと、下から見上げるだけだと疲れる一方だが、上から覗き込み形になるが故に、非常に体力を温存することが可能となる。

 

 この手法をフィールズ学会で発表したところ、大変に驚かれた。やはり君は天才だ、と言われた記憶が鮮明にうろ覚えとなって今、ゾンビの如く蘇りました。

 

 とにかく、数学者を目指す上で最大の関心事は、いかにして短絡的に数学を解明するか、ということが肝心である。

 

 係数表示との関連性も、あの有名女優との関係性も、度々話題になるという週刊文春の話題からすれば、芸能関係も数学関係も同じ穴の狢ということであり、非常に論理的な説明に終始するということに終始するに至る結果となった。